拱墅區「運河安全管理人」制度を53か所で試験的に

2019-09-20 17:40:08

9月12日、拱墅區では「運河安全管理人」建設即ち平安版「三化融合」推進會が開かれ、試験的に実施するコミュニティや初心宿駅の方法について実地調査され、経験交流も行われた。

調査によると、今年、拱墅區では第1陣の53か所の「運河安全管理人」制度が試験的に実施された。53か所のいずれも実情を踏まえ、それぞれの特色を十分にアピールしている。「運河安全管理人」はいかに安全を確保するのか?記者は次のコミュニティで答えを見つけた。

朝8時半、幼稚園に行く時間となった。大河宸章コミュニティ8號棟1単元の「管理人」の石夢婷は2人の子供を8號棟からコミュニティの隣の幼稚園まで連れて行った。子供たちが教室に入っていくのを見屆けた後、石夢婷はコミュニティにもどった。

石夢婷にとって、そのような「護校員」という仕事ははじめてではない。「運河安全管理人」である石夢婷は「居住者は朝に用事があって子供の見送りができなければ、私たちに任せればよいです。子供の安全を見守りますから」と言った。

ラッシュアワーが過ぎても、守衛の王運來はまだ仕事で忙しい。「運河安全管理人」として、彼はよく入口の知能認識システムを見つめながら、市場から帰ってくるおじさんやおばさんたちに話しかける。「徐さん、今日は食材をいっぱい買いましたね。ガスの安全使用を心がけてください。料理を炒めたあと、火を消してくださいね」と安全知識を伝えた。

午後、文瀾コミュニティの従業員の兪偉璐はコミュニティに來て、宣伝看板を通じて住民に詐欺識別に関する安全知識を宣伝した。

このような作業を通じてコミュニティ住民の安全意識が高まった。「だれでも責任あり、だれでも責任を果たす」といった社會管理共同體が次第に発展しつつあっている。

「『管理人』は『三つの管理』をします。まず自分を管理すること、それから家族をうまく管理すること、最後は身の回りを管理することです。これは自分から人へとつながっていく関係です。」拱墅區委員會事務室副主任の金成武は「私達はみんな安全建設の主體です。全員が參與すれば、愛を広げることができます。全員が參與すれば、難題でも解けるようになります」と語った。

「みずから黨建設領和、社會調和、専業維平、知恵促和、文化育和、法治守和といった『六和』理念にしたがい、大衆の願いを葉えてあげるべきです。群団組織は社會治理における重要な力で、積極的に群団の力を「運河安全管理人」制度に入れるべきです。」拱墅區委員會副書記、政治法律委員會書記の李煒は、拱墅では運河沿岸名區を高品質なものにし、大城北が発起しつつあるなか、「運河安全管理人」建設を強く推進し、「六和プロジェクト」を著実に行うべきだと語った。

近ごろ、拱墅區で安全ボランティアワークステーションが創立された。300名も超えた速達員は安全ボランティアとなり、速達と同時に「安全」も屆けている。住民に好評されたこのやり方は、拱墅區群団組織の協同治理効能を向上させる縮図でもある。

拱墅區は今後、「運河安全管理人」制度を引き続き50か所増やして試験的に行う予定がある。「運河安全管理人」制度は安全理念を宣伝する主陣地である。「六和」を伝える主な窓口として「みんなで安全を守る」といった良好な雰囲気を営む。


主辦:中共杭州市拱墅區委員會 拱墅區人民政府 Copyright :? 2009-2012 All Rights Reserved.
日本語版の情報とデーターは利用者のご參考に供するのみである。もしご理解に紛れがあれば、すべて中國語版を基準とする。
備案證編號:浙ICP15043779 浙公網安備 33010502000141號 網站標識碼:3301050002 聯系電話:0571-58125001
Produced By 大漢網絡 大漢版通發布系統 新快3预测