大城北核心模範區建設の著工式

2019-09-20 17:40:48

9月9日午前、運河灣(1期)プロジェクトの著工イベントが運河文化公園で行われた。副市長の繆承潮はプロジェクト著工を宣告した。區委員會書記の朱建明は挨拶をした。市運河集団指導者の陸暁亮と章維明、區委員會常務委員の王宏、および市建設委員會、市大城北事務室、市運河集団の関連責任者が著工式に參加した。

著工式で、朱建明は區委員會と區政府を代表してプロジェクトの著工にたいするお祝いを伝えた。朱建明は、運河灣地區は大城北核心模範地區の重要な構成部分で、杭州段大運河文化帯建設の肝心な部分でもあるので、運河灣(1期)の著工は大城北核心模範地區建設の正式開始を意味しており、拱墅段大運河文化帯建設の重要な里程標であると指摘した。このプロジェクトが完成することにより、運河沿線環境を大いに改善させ、都市機能空間を合理化させ、大城北のイメージを高めることができる。區委員會と區政府は、市運河集団の運河灣開発建設を全力に支え、最上等なサービスを提供し、共に運河灣プロジェクトを最も特色と趣のある「大城北新ランドマーク」に建設する。

聞くところによると、運河灣プロジェクトは東は上塘路まで、南は石祥路まで、西は巨州路や通益路に至り、北は管家漾河と周家河に至るということである。総用地面積が約113萬㎡である。プロジェクトは「文化體験、レジャー娯楽」を主題に、「一核一島両港」といった全體配置を計畫している。今回著工した1期の運河文化公園プロジェクトは、運河の東岸に位置し、運河灣南部の核心地區にある。プロジェクト用地面積が約2.97萬㎡、総建築面積が約1.52萬㎡である。「文化交流、音楽體験」をテーマにし、運河歴史文化と特色風貌を表し、蕓術公演、文化交流、會合展覧などの機能を備えたオープン型の浜河緑地公園に建設する。これによって、運河文化景観帯に新たなインパクトを與えようとする。運河文化公園のほかに、平錬路歴史年輪帯と大運河博物館のプロジェクト工事もいよいよ著工される。3年から5年かかって、大城北核心模範地區の公共空間體系、文化模範建物と公共関連設備の建設を完成させる。


主辦:中共杭州市拱墅區委員會 拱墅區人民政府 Copyright :? 2009-2012 All Rights Reserved.
日本語版の情報とデーターは利用者のご參考に供するのみである。もしご理解に紛れがあれば、すべて中國語版を基準とする。
備案證編號:浙ICP15043779 浙公網安備 33010502000141號 網站標識碼:3301050002 聯系電話:0571-58125001
Produced By 大漢網絡 大漢版通發布系統 新快3预测